旧キット ガーベラテトラ::手足のミキシング確認

ご無沙汰してます。ちょっと忙しくブログを書く時間がなかったのですが、模活はボチボチやってます。今日から書くガーベラも結構進んでいるのですが、作業記録としてまとめていく予定です。

さて今回の改造はRGガンダム GP01フルバーニアンの内部フレームに旧キットのガーベラテトラの皮を被せて、HGのガーベラテトラに負けないミキシングを作ることです。

脚部のミキシング確認

フルバーニアンの脚部のアドバンスドMSジョイントに旧キットの脚部を被せてみました。足首はフルバーニアンのものを使った方が良さそうです。

ミキシングした脚部(左)と旧キットの脚部(右)の比較です。

太もも部分のフレームが短いので少し延長する予定です。また、足首のフレームも少し延長した方が良さそうですね。

せっかくアドバンスドMSジョイントを使っているので、稼働範囲が広がるようアライアンスの調整もしたいと思います。

腕部のミキシング確認

腕部も脚部と同じ手法です。手首は市販のものに変更予定です。

肘当てはフルバーニアンのパーツを使っています。

ミキシング(左)の旧キット(右)の比較です。

肩部は旧キットの物を使う予定ですが、フレームが長すぎるので切断して調整する予定です。

胴体と脚部の確認

次は胴体です。旧キットの胴体は短く感じますし回転しないので切断しました。

腰部のアドバンスドMSジョイントに切断後の腰部をはめて組んでみました。

やっぱり足が短い感じですので、脚部の延長は必須でしょうね。

ミキシング中の腕は現在胴体に接続できないのでイメージで見てみました。腕の長さはちょうどイイ感じがします。

仕事が忙しくなってきたので次の作業まで考えてないのですが何か報告できるようになったらアップする予定です、

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。