HG+FGガンダム::塗装とウェザリング

2020年最初の投稿です。昨年は15体ガンプラを作りましたが実はこのガンダムも2019年にギリギリ間に合いましたので正確には16体完成させたことになります。今年も積んだガンプラを減らしていきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

前回はヘアスプレーを用いた下地処理が終わったので本塗装に入っていきます。ガンダムの胸部はデフォルトのコバルトブルーで塗装しました。

陰影をつけずにベタ塗りしています。

続いてホワイトで退色表現をしました。エア圧を低く抑えエッジ部分の色を残すように塗装しました。

ここから実際に塗装を剥がしていきます。コバルトブルーの下の層にはヘアスプレーの層がありますので、アクリル溶剤を使ってヘアスプレー層を溶かして上の層のコバルトブルーを剥がします。

それで実際にやってみたのですが、思いのほか剥がれません(> <)。ケガキ棒で傷を入れて下の層に染み込ませながら爪楊枝で剥がしていきました。

いかがでしょうか?少しわざとらしいですが何とかなったのではないでしょうか?このあとウォッシングし、TAMIYAのウェザリングマスターで関節のオイル表現や被弾した腕の部分などを汚しました。次回は完成報告です。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。